CSRに関する方針・基準・ガイドライン等

AGCグループ企業行動憲章

2007年6月1日制定、2016年3月9日改定

AGCグループは、グループビジョン“Look Beyond”で掲げる「私たちの使命」の下、「より良い地球・社会の実現」に貢献し、社会全体から信頼され、成長・発展を期待される企業となることを目指し、ここに憲章を定め自律的に行動します。

●誠実な活動;高いIntegrityをもって

  1. AGCグループは、優れた品質の製品とサービスを、安全性と環境へ適切に配慮しながら開発、提供し、お客様の満足と信頼を獲得します。
  2. AGCグループは、各国・地域の法令と規制を理解し遵守するとともに、国際規範を尊重します。
  3. AGCグループは、適正な取引を行うとともに、公正な競争の原則、ならびに適用される全ての法令や規制に準拠して事業を行います。
  4. AGCグループは、政治、行政、その他の組織及び個人と健全な関係を保ちます。反社会的勢力とは断固として対決します。
  5. AGCグループは、自社の情報・知的財産・資産を適正に管理し保護するとともに、お客様やお取引先様を含む他者の財産権を尊重します。

●環境と安全;Environmentを追求して

  1. AGCグループは、環境保全を地球市民として必須の責務として受け止め、持続可能な社会づくりに貢献すべく、自律的に取り組みます。
  2. AGCグループは、環境に配慮した技術革新・新商品開発の推進と、事業活動における環境保全及び保安防災の継続的な推進に取り組みます。
  3. AGCグループは、企業活動に関わる人々に、安全で健康的な職場環境を確保します。

●人間尊重;Diversityを共有して

  1. AGCグループは、人権を尊重し、各国・地域の文化や慣習に配慮した経営を行います。
  2. AGCグループは、人々の多様性、人格、個性を尊重し、人種、民族、宗教、国籍、性別、障がい等にこだわらず、差別のない働きやすい職場づくりを目指します。
  3. AGCグループは、強制労働、児童労働を認めず、人権侵害に加担しません。

●社会との調和;Responsibility を果たし、Reliabilityを得る

  1. AGCグループは、善き企業市民として、その社会と地域に対する責任を果たします。
  2. AGCグループは、お取引先様と相互に有益で適切な関係を築きます。そして、お取引先様の方々とは、その準拠する行動原則が、AGCグループの基本姿勢と矛盾しないよう、ともに努めます。
  3. AGCグループは、お客様、地域の方々、株主様、従業員などグループ内外の様々な方々とのコミュニケーションを図り、その声を常時把握するとともに、企業情報を適切かつ公正に開示します。

AGCグループの経営者は、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、AGCグループ内に徹底するとともに、お取引先様に対しても協力を促します。また、本憲章に沿った意思決定及びその実施がなされるよう、実効ある社内体制を整備します。

本憲章に反するような事態が発生したときには、経営者は自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努め、適切に是正措置と処分を行います。

AGCグループ“7 Key Principles for People”

AGCグループは、真のグローバル企業として発展し続けるために、私たちが目指す人財マネジメントのあるべき姿を“7 Key Principles for People”として定め、追求していきます。

“Look Beyond” の実践

AGCグループは、全従業員にAGCグループビジョンである “Look Beyond” の4つの価値観及び行動原則を共有し実践することを求めます。

多様な人財による組織力の強化

AGCグループは、グループビジョン “Look Beyond” の主旨に共感し、会社の競争力強化のために必要な能力を持つ多様な人財で、私たちのチームを組織します。

成長機会の提供

AGCグループは、自ら学び、向上しようと努力する従業員を尊重し、成長のための機会を提供します。

従業員の働きがいと誇りの追求

AGCグループは、目標の達成に向けて職務に取り組む従業員が、働きがい・誇りを持って活動できる企業グループを目指します。

安心して働ける職場環境の維持

AGCグループは、従業員が日々安心して活き活きと働ける職場環境を維持します。

自由闊達な組織風土の醸成

AGCグループは、職場での自由闊達なコミュニケーションの機会を大切にし、より良い組織風土づくりに努めます。

貢献に応じた評価と処遇

AGCグループは、従業員の会社への貢献を透明なプロセスで公正に評価し、その貢献に応じた適切な処遇を行います。

AGCグループ労働安全衛生基本方針

2001年2月9日制定、2013年3月29日改定

基本方針

AGCグループは、「安全なくして生産なし」という安全衛生のポリシーの下に、各階層の管理者が自らの安全衛生に対する考え方を明確にし、これを働く部下全員に浸透・共有化させ、一人ひとりが安全衛生活動を推進することを目指します。

AGCグループ労働安全衛生行動指針

私たちは、すべての労働災害・職業性疾病に着目し、安全衛生パフォーマンスの継続的改善を図るために、以下の行動指針に基づき、労働安全衛生活動を積極的に展開します。

  1. 仕組みとしてのOHSMSを活かすために、リスクアセスメントのレベルアップを図ります。
  2. 従来型安全活動をマンネリ化させずに継続して実施します。
  3. 管理者は部下を家族と思って守り、職場の安全を実現します。
    設備の本質安全化、作業環境の継続的改善を図ります。
  4. 安全衛生活動はラインの生産活動の一部と認識して実施します。
    安全衛生担当部署はライン管理を適切にサポートします。
  5. 安全衛生に関する法令、その他要求事項を遵守します。
  6. 全員で参加し、形式ではなく本音で安全衛生活動を実行します。

健康管理ポリシー

2007年3月1日制定

AGCグループは、グループビジョン “Look Beyond” を合言葉に「世界に価値を創造し続ける」ため、AGCグループの従業員に対する健康管理ポリシーを次のとおり制定する。

「健康に関する認識」

AGC グループにとって「従業員」は最も重要な資産の一つであり、従業員にとって「健康」は生活の基盤として最も重要な要素の一つである。

「会社の支援」

AGC グループは、従業員の心身の健康保持増進に向けた施策を積極的に行い、従業員が個々の能力を十分発揮して会社発展の原動力となるとともに、各従業員の生活が充実したものとなるよう支援する。

「従業員の自律」

健康の保持増進には従業員の健康に対する意識が不可欠であり、従業員は「自らの健康は自ら守る」意識を持ち、自律した健康管理を行う。

本ポリシーはAGC旭硝子から浸透を図り、将来的には国内外のグループ会社へ展開する予定です

AGCグループ環境基本方針

2001年2月9日制定、2017年1月1日改定

基本方針

AGCグループは、比較的大量の資源・エネルギーを使用するグループであるとの自覚のもと、グループビジョン “Look Beyond” の価値観の一つに「エンバイロンメント【環境】」を定め、行動します。

私たちは、限りある資源・エネルギーを有効に使い、気候変動並びに生物多様性をも含む自然環境への影響に配慮し、素材・部材のグローバル優良企業として、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

スローガン

善き地球市民として、一人一人が、環境活動に貢献しよう。

環境行動指針

AGCグループは、事業活動全体に渡って、以下の行動指針に基づき、 環境目標を設定し、環境活動に取り組みます。

  1. 統合環境マネジメントシステムに基づく、継続的な改善に努めます。
  2. 環境に関する遵守義務(各種法令・条例・協定等)を果たします。
  3. 環境負荷低減並びに汚染の予防に取り組みます。特に、省資源、気候変動の緩和及び適応、廃棄物の削減・リサイクル、及び化学物質の適正な管理に関してAGCグループでの目標を設定し、達成に努めまた向上を目指します。
  4. 環境影響を考慮した製品・技術・サービス・設備の開発と社会への提供に努めます。
  5. 環境活動全般について、利害関係者との積極的なコミュニケーションに努めます。

AGCグループ保安防災基本方針

2003年2月7日制定、2017年1月1日改定

AGCグループは、“Look Beyond” の追求に向け、「保安防災活動に積極的に取り組む事は、地域社会で事業を展開する、責任ある信頼される企業としての基本的責務である」という理念の下に、以下の保安防災管理活動を展開します。

  1. 国及び地域の保安防災に関する法令、条例、協定、基準等を遵守します。
  2. 保安防災に関する事故・災害を防止するための保安防災管理活動を展開し、継続的な改善に努めます。
  3. 地域社会をはじめとする利害関係者とのコミュニケーションに努めます。

AGCグループ購買取引基本方針

2009年制定

AGCグループは、グループビジョン“Look Beyond”の価値観を追求し、また、【AGCグループ企業行動憲章】に基づいて、以下の購買取引基本方針のもと、調達活動を行います。

1. 購買の基本方針

  1. オープン&公正取引
    購買活動は、常に革新的な技術、製品、サービスを求め、グローバルにオープン&公正・公平に実施します。
  2. 関連法令の遵守と環境への配慮
    購買活動を実行するにあたり、各国の法令と規制を遵守するとともに、安全性と環境への適切な配慮を行います。
  3. お取引先様とのパートナーシップ
    お取引先様とは、長期的な視点で、共により良い製品作りを目指す良きパートナーとして、相互に繁栄を図る取引関係の確立を目指します。そのために、お取引先様との緊密なコミュニケーションを重視し、より強い信頼関係を築くように努力いたします。
  4. お取引先様の機密情報・知的財産・資産等の適正管理
    購買活動を実行するにあたり、お取引先様の機密情報・知的財産・資産等を適正に管理し、保護いたします。

2.お取引先様の選定方針

お取引先様の評価・選定の基本方針は以下のとおりです。

  1. 経営状態が健全であり、安定供給力と生産変動への柔軟な対応力があること。
  2. 提供される資材・サービスの品質・価格・納期・技術サービスのレベルが適正であること。

3.お取引先様へのお願い

AGCグループは、『より良い地球・社会の実現』に貢献し、社会全体から信頼され、成長・発展を期待される企業 となることを目指しております。CSR(企業の社会的責任)は、基本的には個々の企業がそれぞれ自主的に取り組むべきものですが、AGCグループとして CSRを遂行していくためには、サプライチェーンを構成するお取引先様におけるCSR推進が不可欠であり、お取引先様と共に、AGCグループの取り組みを 進めて参りたいと考えておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

AGCグループの取り組みのうち、お取引先様にも関係の深い事項は以下のとおりです。

  1. 各国の法令を遵守し、公正取引、安全・環境へ配慮した良質の製品・サービスの提供を重視していること。
  2. 情報管理、知的財産管理が適正であること。
  3. 強制労働、児童労働を認めず、人権侵害に加担しないこと。
  4. 環境保全及び保安防災に取り組んでいること。
  5. 安全で健康的な職場環境を確保していること。

AGCグループ品質基本方針

2004年9月8日制定、2013年3月29日改定

基本方針

AGCグループは、“Look Beyond” の価値観の一つである「イノベーション&オペレーショナルエクセレンス」を追求し、お客様が期待する価値を創造し続けます。

品質行動指針

私たちは、「CSの視点を日々の仕事に入れ込む」を仕事の基本とし、以下の行動指針に基づき、お客様をはじめとするステークホルダーから信頼を得られるよう行動します。

  1. 法令・規制およびお客様の要求事項に適合した製品およびサービスを提供します。
  2. 製品およびサービスの安全性と環境への適切な配慮を含んだ品質を確保し、向上させます。
  3. 全員が参加して品質マネジメントの有効性と効率を継続的に改善し、一人一人の仕事の価値の向上に努めます。
  4. 以上を確実なものにするために、方針・目標を定め、PDCAを回します。

AGCグループ社会貢献基本方針

2010年2月10日制定

AGCグループは、「AGCグループ企業行動憲章」において、「善き企業市民として、その社会と地域に対する責任を果たす」ことを宣言しています。この理念を実現するため、私たちは、3つの重点分野を中心に、積極的に社会貢献活動を行います。

重点分野

  1. 人づくり
    将来を見据えて価値を創造する私たちは、未来を担う子どもたちが夢に向かって成長できるよう支援します。
  2. 地域との共生
    地域社会の一員である私たちは、その持続的な発展に貢献します。
  3. 自然環境への貢献
    グローバルに事業を行う私たちは、地球規模の環境問題の解決に貢献します。