技術分野

ガラス材料技術

独自の材料設計技術を基に、お客様の様々な要求に応える製品とソリューションを提供しています。

TFT液晶ディスプレイ用基板ガラス

フロート法を採用した独自技術で、3m角以上の大型基板を量産供給しています。OLED、酸化物半導体TFTなど近年新しく登場した技術へ対応した開発にも積極的に取り組んでいます。

化学強化用ガラス「Dragontrail®

化学強化の原理

AGCの組成設計技術を活かし、化学強化に最適な高強度ガラス、Dragontrail®を開発しました。NaイオンとKイオンの交換速度が大きいアルミノシリケートガラスをベースとしており、ソーダライムガラスと比べて、大きな表面圧縮応力、大きな応力層深さを実現できます。そのため、タッチパネル操作などによって生じる表面擦傷に対する耐性が高く、モバイル用ディスプレイを保護するために最適なガラスです。

ガラス粉末(フリット)および関連商品

AGCは、多種のガラス組成設計、解析技術、ガラス粉末、ペースト製造における高い技術で、電子、情報機器、自動車、ディスプレイ、新世代エネルギーといった多くの分野に貢献してきました。AGCのガラス粉末およびペースト材料は、ガラス熔解、乾式、湿式粉砕、分級、ペースト化に至るまで一貫した工程により生産されます。そして、ガラス粉末、ガラスペースト、ガラスタブレット(成形体、部品)、焼成基板、パッケージの形で提供することができます。

マイクロガラスレンズ

精密な非球面形状を有するガラスレンズは、高機能部品として、デジタルカメラ、携帯電話内蔵カメラなど、数多くの製品に組み込まれています。光学材料およびレンズ加工を中心に事業を展開し、様々な分野のニーズに応えています。

合成石英ガラス

高度なガラス製造技術から生み出された合成石英ガラスは、超高純度、低熱膨張率、高耐熱性、高い紫外線透過率、化学的耐久性などの優れた特性を有しています。これらの特徴を生かし深紫外~紫外領域で使用されるプリズム材などの光学部品や高い光学的均質性と安定性が要求される最先端の露光装置に用いられるフォトマスク基板、スキャナー用レンズ材を供給しています。また極低熱膨張特性を有する合成石英ガラスも開発しています。