研究開発の3戦略事業

モビリティ、エレクトロニクス、
ライフサイエンスの3つの戦略領域をターゲットとして、より付加価値の高いソリューションを提供していくとともに、素材イノベーションにより社会課題解決に貢献していきます。

AGCグループの2030年のありたい姿は、独自の素材・ソリューションの提供を通じてサスティナブルな社会の実現に貢献するとともに、継続敵に成長・進化するエクセレントカンパニーであることです。

両利き経営の追求により、戦略事業領域としてモビリティ、エレクトロニクス、ライフサイエンスの3領域の事業成長を加速させながら、新領域としてエネルギー関連領域を探索しさらなる成長を狙います。
さらに、独自の素材イノベーションにより社会的価値を創出していくために、これまでに磨き上げてきたAGCの多様な技術力をさらに深化し、外部とのコラボレーション、技術導入、デジタルトランスフォーメーション(DX)加速も積極的に行い、研究開発を加速します。

モビリティ

40年前、何もないところから始まったガラスアンテナの開発と同様に、これまでにないモビリティ用のガラスを開発するためのチャレンジが、再び始まろうとしています。

エレクトロニクス

EUVマスクブランクスの開発が始まってから15年。強いプレッシャーにさらされながら技術開発に打ち込んだプロジェクトメンバーの夢が、ようやく現実のものになろうとしています。

ライフサイエンス

わずか数名から再出発したAGCのバイオテクノロジー事業は、研究続行を決断した当時の中央研究所長をはじめとする関係者の予想を超え、グローバル市場を舞台に大きく花開こうとしています。