グローバル経営の発展

1907年 – 1950年代

1907年
兵庫県尼崎にて旭硝子株式会社を創立
1914年
英国向けに初めて板ガラスを輸出
1917年
本社を東京へ移転
1925年
中国に昌光硝子を設立。旭硝子初の海外ビジネスがスタート
1933年
創立25周年を記念し、財団法人旭化学工業奨励会(現旭硝子財団)を設立
1937年
東京株式取引所に株式上場
1952年
インドネシアと電解苛性ソーダのプラント輸出契約を締結
1955年
品質管理の技法をいち早く導入し、デミング賞実施賞を受賞
1956年
インドにガラス製造会社を設立。民間他社に先駆けて海外事業を展開
1957年
創立50周年を記念し、財団法人旭硝子奨学会を設立
創業者 岩崎俊彌
品質管理の技法をいち早く導入し、デミング賞実施賞を受賞(1955年)

1960年代 – 1990年代

1964年
タイの板ガラス市場に参入
1972年
インドネシアでガラス事業を開始
1981年
ベルギーのGlaverbel社を買収。欧州の板ガラス市場に本格参入
1985年
米国の自動車用ガラス事業に本格参入。
1986年
インドネシアでのクロールアルカリ事業に本格参入
1997年
ロシアのガラス市場に参入
タイの板ガラス市場に参入(1964年)
インドネシアでガラス事業を開始(1972年)
ベルギーのGlaverbel社を買収。欧州の板ガラス市場に本格参入(1981年)
ロシアのガラス市場に参入(1997年)

2000年代 –

2002年
グループビジョン"Look Beyond"を策定。カンパニー制を導入
2007年
創立100年を機にグループブランドを「AGC」に統一
2013年
“南米で最も環境にやさしい”ブラジル工場が竣工。ブラジルの板ガラス市場に参入
東南アジア地域での事業拡大を見込みシ ンガポールに地域統括拠点を設置
2015年
経営方針AGC plusがスタート
AGC 創立100年を機にグループブランドを「AGC」に統一(2007年)
“南米で最も環境にやさしい”ブラジル工場が竣工。ブラジルの板ガラス市場に参入(2013年)