ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシーを掲載しています。

1. 基本方針

AGCグループは、行動基準としてAGCグループ企業行動憲章を定め、「お客様、地域の方々、株主様など、社会の様々な方々とのコミュニケーションを図り、企業情報を適切かつ公正に開示する」ことを宣言しています。AGCグループは、この基本的な考えに基づき、情報開示ならびに双方向のコミュニケーション活動を積極的に展開します。

2. 情報開示の基準

AGCグループは、金融商品取引法等の法令ならびに東京証券取引所等の定める適時開示に関する規則 (以下「適時開示規則」という)に従い、透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示を行います。
法令や適時開示規則上の開示事項に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆様にとって有用であると判断されるものについては、可能な範囲で適切かつ公平に開示します。

3. 情報開示の方法

適時開示規則上の開示事項に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。公開した情報は、当社ホームページに可及的速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則上の開示事項に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示規則の趣旨を踏まえた適切な方法で、当該情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう配慮しています。

4. 沈黙期間

AGCグループは、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、第1四半期乃至第3四半期決算については決算発表日の4週間前から当該決算発表日までを、通期決算については決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間内は、決算に関連するコメント、ご質問等に関する回答は差し控えさせていただきます。

5. 将来の見通しについて

AGCグループが情報開示する予想・見通しは、開示時点において入手可能な情報に基く判断によるものであり、将来の計画数値、施策の実現を確約したり、保証したりするものではありません。今後の様々なリスクや不確定要素などの要因によって、実際の成果や業績は、予想・見通しとは差異が発生する可能性があることをご承知おきください。

本ウェブサイトのご利用に当たりましては、別途掲載している免責事項もご参照ください。