共通基盤技術とコア技術

長年蓄積・深化された共通基盤技術をベースに、高度に洗練された材料科学、材料科学を融合しさらなる高機能化を達成する機能設計、安定的に高品質な製品生産を可能にする生産技術をコア技術として保有しています。またお客様の期待に応える取り組み、素材利用の提案を通じて培った、各種素材を部材に組み上げる部材設計の技術も保有しており、素材の機能を極限まで引き出します。

共通基盤技術

スマートAGC

スマートAGCは、あらゆるビジネスプロセスをデジタル技術で変革し、ビジネスパフォーマンスを向上させることを目指しています。 デジタル技術による生産性向上や製品品質向上だけでなく、新たな顧客価値を提供するビジネス創出も含まれます。

分析・評価

製品や開発品の品質や物性、化学構造などを分析・評価するには、常に技術を磨き手法の完成度を高めることはもちろん、革新技術を開発し適用していくことも大切です。ときには世界に類のない独自の分析・評価法の開発が、お客様に喜んで頂ける製品品質・信頼性や新製品につながるなど、この技術の重要性は増しています。AGCは、必要な分析・評価法を開発・拡充・伝承するなかで確固たる技術基盤を築いてきましたが、近年ではオープンイノベーションをとおした協働的な先端技術開発・深化により、将来を見据えた尖った技術の獲得とともに、人材の育成に注力しています。

シミュレーション

約50年前に始めた熔解窯内のガラス流れの再現を皮切りに、プロセスシミュレーションから得られた知見をモノづくりのフロントローディングに活かしてきました。これらマクロな視点での解析に加え、材料シミュレーションを通した原子レベルでの現象理解によって、様々な材料における組成設計の自由度も高めています。加えて、弊社の製品が期待通りの機能をどれだけ発揮するのか、材料が有する特殊な特性を捉えた複合シミュレーションを性能の見える化に適用することで、早期の設計段階からお客様との協創に努めています。近年は、ガラスの質感を損なわないAGC独自のCG技術をVR(仮想現実)やMR(混合現実)へ展開し、物理的・化学的な性能評価のみならず、ガラス製品の感性評価にも取り組んでいます。さらに、ビックデータ解析によるプラントの予知保全や物流シミュレーションを介して、弊社製品品質の維持と向上、そして安心感をお客様にお届けすることを心掛けています。

センシング

製品の欠点(泡、異物)や、形状(曲面、平面)の自動検査技術を開発しています。産業用カメラを使った画像センシング技術に注力しています。品質要求の厳しいディスプレイ用ガラス向けの開発、展開を通じて技術が深化しました。当社の多様な製品群の検査は勿論、プロセスのモニタリングにも用途が広がっています。ビッグデータ活用時代に入り、情報取得手段であるセンシング技術への期待は益々高まっています。

プラントエンジニアリング

社内にエンジニアリング部門を保有しており、プロセスに入り込んだ設備開発・設計からプラント設備まで一貫して対応することができます。世の中にない装置は自分たちで設計も行います。過酷な環境および長期間連続で稼働する設備も多く、部材選定、装置設計からメンテナンス方法に至るまで高度な技術を開発、蓄積してきました。FS~建設~振り返りというPDCAサイクルをしっかりとまわすことにより技術面、管理面の能力を向上しています。今後ますます高まる要求品質に応えるべくエンジニアリング技術の深化を継続し高性能、高品質な製品の提供に貢献していきます。

インダストリアルエンジニアリング

仕事の価値とムダを顕在化させ、人・モノ・設備の潜在能力を最大限に引き出すための考え方と技術です。AGCでは、製造現場の効率を上げる、働き方を科学するなど、グループ全体に改善活動を広め、収益力、競争力を向上すると同時に人財を育成してきました。近年は、IoTやビッグデータなど新しいテクノロジーを活用し、改善活動自体の効率向上と改善の対象範囲の拡大にも取り組んでいます。オフィスワークも含め、仕事のやり方や時間の使い方を工夫して、働き方をより創造的なものへと進化させていきます。