AGCのCSR
For Employees
従業員へ

1. 安全な職場環境づくり

AGCのアプローチ

労働災害のリスク低減を強化

AGCグループでは、労働災害の発生リスクの低減に向けて、リスクアセスメントの担当者を継続的に教育しているほか、開発・製造・設備担当者の中から「安全中核要員」を選出し、安全に関する集中教育を実施しています。また、設計段階からリスクアセスメントを実施して機械自体を安全にする「機械安全」の考え方を取り入れ、生産設備による労働災害のリスク低減にも取り組んでいます。

なお、AGCグループは多くのビジネスパートナー様とともに生産活動に取り組んでいることから、災害情報はビジネスパートナーを含んでグローバルに集計し、安全な職場環境の向上に活用しています。

労働安全衛生に関する取り組みの詳細は、以下をご覧ください。

CSR活動報告〔詳細版〕2017
セーフティ・キーパーソン研修の参加メンバー
セーフティ・キーパーソン研修の参加メンバー