中期経営計画

中期経営計画AGC plus-2017 を推進し長期的な成長の基盤を築いています。

経営目標達成に向けての基本概念

AGCグループではグループビジョン"Look Beyond" をすべての事業活動、社外活動を貫く企業理念として据えています。また長期経営戦略「2025年のありたい姿」では、現経営陣が思い描くAGCグループのありたい姿とそれを達成するための戦略を設計。そして、グループビジョンを踏まえた現経営陣の具体的な経営方針としてAGC plus 、2015年12月期から2017年12月期の3か年の中期経営計画としてAGC plus-2017 をそれぞれ設けています。

2017年までの経営財務目標

AGCグループでは、経営方針 AGC plus のもと、各事業の収益性・成長性を基軸とした事業ポートフォリオにもとづく戦略の方向性とメリハリの効いた経営資源配分により、中期経営計画 AGC plus-2017 の経営財務目標の達成を目指しています。

  • 世の中に「安心・安全・快適」を
  • お客様・お取引先様に「新たな価値・機能」と「信頼」を ・従業員に「働く喜び」を
  • 投資家の皆様に「企業価値」をプラスにする
目標
(17年度)
売上高 1兆6,000億円
営業利益 1,000億円 以上
ROE 5%以上
D/E 0.5以下

2017年経営目標達成に向けて

2016 年以降も引き続き、中期経営計画 AGC plus-2017 で設定した各事業の方向性に沿った 事業運営を行い、それぞれの財務目標達成を目指します。

これまで行ってきた積極的な投資による 2017 年度の売上増として 1,300 億円(2015 年度比) を見込んでいます。さらに環境対応型新冷媒、フッ素樹脂、ライフサイエンスなどの化学品事業、 自動車内装用カバーガラスや光学部材などの電子事業、建築用 Low-E ガラスや自動車用 UV カットガラスなどのガラス事業の新製品拡販を着実に進めることにより、営業利益目標 1,000 億円以 上の達成を目指します。

中期経営計画の進捗についてはこちら