CCLとは?
銅張積層板、Copper Clad Laminateの略です。
紙やガラスなどの基材に樹脂を含浸させたシート(プリプレグ)を重ね、加圧加熱処理して得た絶縁板を積層板といい、その両面に銅箔を施したものがCCLです。
あらゆる回路、プリント配線基板の元になる材料で、最終的には、表面に電子回路を形成し、プリント配線板として使用されます。

使用用途

  • ⼀般的な電子回路基板用途
  • 高速通信用途(4G-LTE、5G基地局/Radar用途)
  • Automotive-ADAS_Radar用途
  • Avionic–Radar用途

用途は、「通信」、「自動車」、「航空・宇宙」など、多岐に渡ります。
5Gとは「5th Generation」の略称であり、「第5世代移動通信システム」を意味します。
現在の4G(LTE-Advanced)の次の世代となる通信方式で、2時間の映画を数秒でダウンロードできるほどの速さです。
5Gが普及することで、通信速度のアップ、遅延の低減など体感的な部分だけでなく、今までの通信速度では不可能だったことも可能になるかもしれません。

特徴

  • デジタルからRF領域までの幅広い製品ラインナップ
  • PTFEを中⼼とした材料開発
  • 樹脂コーティング技術
  • 電気特性評価技術
  • 各種解析技術
  • グローバルな生産、営業対応

5Gを実現するには、低損失/⾼周波に適した電⼦回路が必要です。
AGCでは独⾃の製造技術と低損失材料を使いこなすことで、スマートフォン、サーバー、5G基地局アンテナ機器等、あらゆる5G向けCCL製品をご提供します。
自社材料であるフッ素樹脂「Fluon+TMEA-2000」を使用し、自動車アンテナ向け材料や6Gを見据えた材料設計も進めており、「高速大容量通信」の実現には必要不可欠な素材です。

製品ラインナップについて

AGCでは、4G/5Gモバイル通信用途、自動運転Radar用途、航空宇宙用途に至るまで、様々な領域に対応可能なCCL基板をご提供致します。

主な製品ラインナップと特性